こってり馬見堂〜馬体写真でクラシック予想〜

馬体写真と過去パドック映像で相馬眼を鍛え、POG期間の中央競馬重賞予想をしています

【皐月賞予想】オッズだけでファンディーナを本命にできる理由

非常に悩ましかった皐月賞ですが、前日の最終オッズを見た瞬間方針は固まりました。

 

コース適性を加味した馬体診断がこちら。

 

blog.t1umami.com

 

踏まえて、最終予想はこうなりました。

 

◎ファンディーナ

○ペルシアンナイト

▲スワーヴリチャード

☆レイデオロ

△ダンビュライト、アルアイン、ウインブライト

 

◎流し馬連、◎○流し3連複

 

このオッズならファンディーナから入ります。

 

過去3戦のパフォーマンスを見返せば、単勝オッズ2.6倍、ファンディーナからの馬連オッズに1桁台なしというのはあまりにも『つき過ぎ』なレベル。

これには心当たりが有って、先週ソウルスターリングが圧倒的1番人気で3着に敗れたことが少なからず尾を引いているのではないかと推測しています。たとえ無敗でも牝馬はアテにならない。そんな意識が働き、集団心理の中でファンディーナに対する警戒感が必要以上に育まれてしまったのではないかと。

 

しかし桜花賞と皐月賞、ソウルスターリングとファンディーナには当然ながら連続性はありませんので、このレース単体として見て、仮に『ファンディーナは2回やれば1回は勝てる』と思うなら迷わず買うべき配当妙味がある。

自分としては妙味あり、と感じました。

 

中山芝2000mがベストではないと確信した上でも、本命はすんなりこの馬に決定です。

 

むしろ相手候補の序列の方が悩ましい。

対抗○はペルシアンナイト。距離は不安材料ですが、鞍上の経験と度胸と勢い、そして順調な調整過程などを加味すると積極的な上位食い込みを期待しても良いのでは、という結論です。

 

▲スワーヴリチャードはやはり皐月賞とイメージが繋がらず、しかしハマれば突き抜ける素質はあるだろう、とこの位置。

 

☆レイデオロなんですが、やはり馬体評価の時はまだ見ていなかった追い切りが気になります。併せ遅れというのはどうしてもイメージが悪い。休み明けなのだからなおさら、抑えきれないほどの手応えが現れていて欲しかった。

 

△に回した馬たちも上位食い込みは有り得るはず。特にダンビュライトが気を吐いてくれると配当的にも嬉しいのですが。