読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こってり馬見堂〜馬体写真でクラシック予想〜

馬体写真と過去パドック映像で相馬眼を鍛え、POG期間の中央競馬重賞予想をしています

【高松宮記念回顧】シュウジはメンタルに闇を抱えていそう

高松宮記念回顧です。

いやはや、力んで余計な記事書いちゃったなあという反省と(笑)、やはり信念を曲げて『戦える』と思ってるゾーン以外に手を出すべきではないなと改めて確信したレースでした。

 

今後は自分の領分を虚心坦懐に守り、大阪杯には触れもしませんのでご了承下さい(笑)!

 

前置きはさておき回顧。

◎シュウジですが、あの仕上がりで、あの展開で、あんなに沈むのかーと未だに納得がいってないのですが、馬場適性を疑うより精神面で馬が何かしら難しくなってるのかなという印象です。

シュウジ個体の真相はさておき、サラブレッドは『年月を経ることによって内面的な理由で競走能力を発揮できなくなる』というケースが多々あるので、馬体構造を理由にして予想するなら古馬は深追いしない方が的中率、回収率も上がるし、相馬眼も高まるんですよね。

そして、その観点こそが自分の馬券理念の核なのですが、それにも関わらず高松宮記念を『予想してしまった』のがほんとに大失敗。。。

 

このミスを心にしっかり留めて今後の更新をよりよい記事にしていきたいなと思います。

 

閑話休題。

 

勝ち馬セイウンコウセイは馬体評価84点。85点の馬まで印を回していたのであと一歩だった。。。

これは、自分の想像以上にセイウンコウセイの成長曲線が高まっていたという部分もあると思いますが、改めて見返すとレースレベルの設定自体が甘かったかなという反省があります。当馬はG1にはまだ早いかと思いましたが、エアロヴェロシティも、ビッグアーサーもいないのだから成長度よりも馬個体のポテンシャルを重要視すればあと2,3点上に見るのはまったく難しいことではなかったので、反省すべき点です。

 

2着▲レッツゴードンキ、3着○レッドファルクス、5着△フィエロの評価は『上位だけど本命に足らず』というところで合っていたかなという自己評価です。4着ティーハーフは写真無くて評価できずのパターンでした。

 

メラグラーナはもともと難しいとコメントしていたのでなんともですが、やはり頂点を獲る馬は筋質が良いだけでは足りず、見た目にも説得力が必要なのかな、と。

希望的観測としてそうであってくれた方が分かりやすいです。