こってり馬見堂〜馬体写真でクラシック予想〜

馬体写真と過去パドック映像で相馬眼を鍛え、POG期間の中央競馬重賞予想をしています

あらゆる意味でレーヌミノルがおかしくしたフィリーズレビュー

見立て自体はそんなにズレていなかった認識だが、斜行のせいで先を見据える材料としてはまったく無意味な一戦と化してしまった。

 

カラクレナイは素晴らしい伸び脚。神がかっているミルコの腹の据わった騎乗もあって突き抜けた。

ただ、レーヌミノルが他馬を無力化した上に、先頭に立ってフワッとしたところを出し抜いた形。このレースで能力の序列を判断しない方が良いだろう。

それにしても絶好調ミルコはオッズの集め方も強烈すぎて悩ましい。まさかこの馬が僅2番人気になるとは思わなかった。

 

レーヌミノルの騎乗は擁護のしようがない。他馬を邪魔してその上自滅では閉口するばかり。

本番よりもここで結果が欲しかったタイプだろうに、勿体ない限り。

 

ゴールドケープは戦前の評価通りまだこれからの馬であるはず。それでいて3着なのだから思ってた以上にポテンシャルが高い。

ただ、レースとしては展開が嵌まった感もあり、桜花賞でも他力本願にならざるを得ないか。

 

ジューヌエコールは今回度外視。さあこれから、というところで致命的な不利を受けて4着ならむしろ評価して良い。

一度ブレーキを踏むとキレ負けするのは血統的にも致し方ないところで、本番でもスムーズかつキレ勝負に持ち込ませないことが肝要。