こってり馬見堂〜馬体写真でクラシック予想〜

馬体写真と過去パドック映像で相馬眼を鍛え、POG期間の中央競馬重賞予想をしています

ひたすらソウルスターリングの強さが際立ったチューリップ賞

ミスパンテールのおかげで本選的中できたものの、それ以上にソウルスターリングの強さに痺れてしまった一戦。歴史を動かしかねない名牝の出現に興奮が隠せない。

大舞台での躍進が今から楽しみ。

 

ミスパンテールは大柄な割に速い脚もある。桜花賞でも馬券圏内に飛び込むだけの能力は秘めていそう。

ただ今年中にソウルスターリングを逆転するのはまず無理だろう。

 

 

リスグラシューは1歳の時かなりの好馬体の持ち主だっと感じたが、あに図らんやそこからいかんとも成長がない。誤解を恐れずに言えば3歳にしてピークが下降線に入っているのではとすら思える。

幼駒で出来上がりすぎていてもマズいのか? 

というテーマは非常に難儀で、じっかり時間をかけて噛み砕いて行く必要がありそう。