こってり馬見堂〜馬体写真でクラシック予想〜

馬体写真と過去パドック映像で相馬眼を鍛え、POG期間の中央競馬重賞予想をしています

共同通信杯、クイーンC回顧

おおよそ目論見通りだったのであまり書くことがない。

 

共同通信杯

見立て通りスワーヴリチャードが抜けた存在。

このレースに止まらず、世代でもトップクラスと踏んでいる。

 

それにしても現状の牡馬クラシック候補双頭がどちらも四位洋文騎手のお手馬であることが興味深い。山内厩舎、藤沢和雄厩舎も絶好調で、知らぬ間にタイムリープしてしまった感もある。

 

さて、四位騎手はどちらを選ぶだろうか。何のしがらみもなければスワーヴリチャードの方だと思うが、動向に注目したい。

 

クイーンC

成熟度でアドバンテージを持つ馬と、将来的な素質でアドバンテージを持つ馬が入り乱れる混戦。

この手のレースは馬券的には狙いづらいのでやはり見るだけにしておくのが無難。

 

とはいえアドマイヤミヤビの強さは想像より一段上だった。

歯車が噛み合えば春のビッグタイトルも狙えるはず。

 

アエロリットは併せ馬になってからグッと伸びたように負けん気が強い。見た目以上に混戦で活きるタイプかもしれない。今後も紐穴注意。

 

フローレスマジックは良化スロー。恐らく春にはでき上がらない。それでも馬体の良さは際立っているので、焦らず成長を待てれば後から結果も付いてくるはず。